報告が遅れましたがついにトイレ覗きに成功しま した。

まだその時のことを思い出す度に心臓が ドキドキして息子が勃起してしまし ます。

でもこの気持ちを誰かに 聞いてもらいたくて…。

という のも覗いた相手がナント同じクラスの女の子だった からです。

先日、学校が休みだったにのかかわ らず学校まで出かけて行きました。

実は女子トイレ の下見をしに行ったのです。

各階の女子トイレ を見てから外に出て体育館の脇を通ったときでした 。

体育館の中で新体操部が練習をしているのが 目にはいりました。

新体操部は人数は少ないのです がクラスメート(千晶さん)が所属しています 。

その日もセミロングの髪を後ろに束ねた姿の千晶 さんが練習している人の中にいました。

普段は ジャージ姿で練習するので見てもあまりおもしろく ないのですが、その日はなぜか皆ちゃんとした ユニフォーム(レオタード?)を着ていました。

た だ更に上からTシャツをきていたのですが、そ れでも下はそのまま。

股間の食い込みが遠目にも十 分に堪能できました。

しばらくクラスメートの 艶姿を覗き見ていたのですが、そのうち千晶さんだ け一人で練習の輪から外れ、フッと校舎側の出 口から出ていきました。

そこから校舎に入ってスグ のところにトイレがあります。

体育の授業でも 体育館の時はそのトイレを使います。

千晶さんがト イレに行ったのだとピンときました。

そのトイ レはさっき調査をしたばかりでした。

急いで校舎側 にまわると土足でしたがそのまま校舎に上がり 、そっと女子トイレの扉を開けてみました。

既に個 室の扉の1つが閉まっています。

これはと思い 、音を出さないように女子トイレの中に入っていきました。

本当は前の個室に入りたかったのだけど、臆病なので後ろの個室に入りました。

ウチの学校 のトイレは下の隙間が結構開いているので誰か 入ると光が動いて判るのです。

音を出さないように するため、ドアは閉めず、そのまま後ろの隙間 から覗き込みました。

覗いたとき、中ではまだ立っ ていたのでもう終わって出てくるかとちょっと ビビリました。

でもスグに水を流す音とともにお尻 が降りてきたのでホッとしました。

夢にまで見 たお尻です。

しかもナマです。

女子高校生の生のお尻。

さらに知り合いの女子高生、千晶さんのナ マのお尻です。

もう感激しすぎてしまって息子も無 反応、全く勃起っていませんでした。

千晶さん のお尻はさすがにスポーツで鍛えているだけあって 綺麗な色、形でした。

色白ですが、引き締まっ ていて、ただ向こうの方にはモジャモジャした毛が ありました。

あと、肛門付近だけ少し色がつい ていました。

そこだけシワがよっているのもみれま した。

オシッコがでだすと2本のスジに分かれ て斜め左方向にほとばしりました。

それに併せて千 晶さんのおしりも全体に右側に寄って軌道修正 をしているようでした。

しばらくすると右のお尻を オシッコの滴が伝って便器の外に少し流れ出て ました。

ここまでみて、いったいどんな格好でヤッ テるのかも見てみたくなりました。

そこでコッ クの金属の部分に足をかけヤッとばかりに上からの ぞき込みました。

やっぱり千晶さんでした。

も う心臓はドキドキの最高潮です。

しかも、ナント千 晶さんは上半身ハダカでした。

正確にはクビに Tシャツを引っかけたままでしたが、ユニフォーム を下まで降ろしていて上半身半裸で背中の部分 は全部見えていました。

色白な背中がとても眩しか った。

ちょっと体を斜めにひねっているので胸 の方も見えそうな雰囲気はあったのですが、でも真 後ろからだったので残念ながらオッパイは見れ ませんでした。

もうとっくにオシッコは終わってい るはずなのに身動きひとつしないので、これは ウンコだと判りました。

下から覗いてみると肛門が ときどき動きます。

その時もう大物のウンコは 出してしまったようでした。

それでも残りかすのよ うな小さなウンチの断片を2つくらい見ること ができました。

それらを出しきったところで紙を手 繰る音がきこえ出しました。

千晶さんの水の流 す音に併せてそれまで開けていた扉をそっと閉めま した。

鍵も閉めたかったのですが、水の音が小 さくなってしまったのでドアを押しつけたまま鍵に 手をかけたまましばらくじっと息を殺していま した。

隣の個室からはピチッ、ピチッという小さな 音、そのあとにとサラッ、サラッという衣擦れ の音がしていました。

どうやらユニフォームを着て いるようです。

やがてカチッという音とともに ドアが開きました。

隣の鍵の音に合わせてこちら側 の鍵もえいやでカチッと閉めました。

そのまま 体を固めてましたが、千晶さんは隣にはまったく気 づかなかったようで手を洗うとスグに出ていっ てしまいました。

外の音がしなくなったのを確認するとスグに千晶さんのいた隣の個室に入りました。

便器の右側に小さな水たまりができていました。

さっき千晶さんのお尻を伝って漏れたオシッコ なのは明らかでした。

さすがに舐めるのは気が引け ましたので顔を近づけて匂いを嗅ぎました。

オシッコの匂いがほのかにしました。

でもそれよりも ウンコの匂いが強烈に残ってました。

千晶さん のウンコの匂いを嗅いでいるんだ、と実感しました 。

いま千晶さんは前の年に同じクラスだった男 子とつき合っています。

サッカー部の猿山というス カシた野郎ですが、さすがの猿山も千晶さんの ウンコまでは見たこと無いでしょう。

体操服を降ろ した半裸姿もまだ誰も見せたことは無いと思い ます。

いまでもなんともいえないスゴ~い征服感が体中にみなぎってます。

(タダの偶然ですが)「あの猿山の野郎を出し抜いて千晶を征服したんだ」 、と。

「千晶のオシッコは左に飛ぶんだよ、猿 山くん知ってる?」って声を出して叫びたい。

それ でも何も知らずに毎日笑って過ごしている千晶 さんがいじらしい。

もう総てを見られて汚されてしまったというのも知らないで…..、ボクのオナペットさん。